ペットのための防災

9月1日は防災の日です。大切な家族を災害から守るために、生活スペースや防災グッズを見直してみませんか?

 

ペットの生活スペース

家具や家電、ペットのケージが転倒しないように固定することが大切です。屋外で飼っている場合は、ケージの近くに倒れそうなブロック塀はないでしょうか。ケージの近くにガラス戸がある場合は、場所を変えることをおすすめします。

 

ペットが迷子になってしまったら…

災害時はパニックになり、逃げだしてしまう子がいます。万が一のことを考えて、日ごろから迷子札をつけましょう。「逃げ出したときに、迷子札が取れてしまったら…」と心配な方は、マイクロチップの装着があります。装着をご希望の方はご相談ください。

*マイクロチップは、専用のリーダーで読み取り、データベースに照会すると、登録されている飼い主情報と動物情報を確認することができます。

 

避難所での生活

小型のワンちゃんや猫ちゃんが、避難所まで非難するときに必要なキャリーバッグ。日ごろから部屋の中にキャリーバッグを置いて慣れさせておくと、いざという時に速やかな行動ができます。避難所では、人の居住スペースとペットの飼育場所が分かれている場合があります。キャリーバッグでは狭すぎるので、持ち運びができるペットケージに移してあげると良いですね。猫ちゃんもワンちゃんのようにハーネスやリードがあると便利です。

*お住まいの避難先がペットの受け入れをしているかどうか、予めご確認することをおすすめします。

 

避難所でのストレス

猫ちゃんの場合

家に付くといわれる猫ちゃんは、避難所生活がストレス…。爪とぎや猫ちゃんのにおいが付いているおもちゃを持っていくのがおすすめです。

ワンちゃんの場合

慣れない環境で吠え続けてしまう子がいます。吠え続けることは、ワンちゃんにとってストレスですし、他の方とのトラブルの原因にもなります。普段から無駄吠えをさせないようにしましょう。また、普段から基本的なしつけ(「待て」「お座り」「伏せ」)をしておくと役立ちます。ワンちゃんもおもちゃがあるとストレス解消になります。

 

ペットの健康管理

慣れない避難所生活で体調を崩してしまう子がいます。日ごろからワクチンの接種やノミ・ダニ・フィラリアなどの寄生虫予防と駆除をしておきましょう。不妊、去勢手術をすると、攻撃性の抑制にもなります。また、病気を予防するためにも、少なくとも年に一度の健康診断を受けることをおすすめします。

 

ペットのための防災グッズ

□キャリーバッグ、ペットケージ

□療法食・薬・サプリメント *サプリメントは、ストレスで食欲のない子の栄養補給に

□最低5日分以上のフードと水 *食器が洗えないことがあるので、缶詰よりドライがおすすめ

□食器

□ハーネス・リード

□トイレ・猫砂・トイレシート・排泄物の処理具

□タオル

□新聞紙

□ガムテープ

□おもちゃ

□ブラシ

□ペットの写真

□飼い主の連絡先

□病歴・ワクチンの接種状況

□かかりつけの病院の連絡先