フィラリア予防について

フィラリアは蚊が媒介して、犬の血管や心臓に寄生する細長いソーメンのような寄生虫です。犬に感染した当初は非常に目に見えない小さな虫ですが(なにしろ蚊の体内に入るくらい)、半年で10cm以上に成長します。フィラリアの予防薬は、蚊によってうつされた比較的初期の寄生虫を駆除するためのものです。大切なのは、蚊がいなくなってから1カ月後まで投薬を続けることです。「蚊を見なくなった」「涼しくなった」と勝手に判断して投薬をやめてしまうと、それまで半年以上続けてきた予防の努力をムダにしてしまいます。

 

万が一、フィラリアに感染している状態で予防薬を飲むと危険なことがあります。そのため、投薬をする前に、毎年血液を調べてフィラリアが寄生していないかを調べる必要があります。当院では抗原検査を採用しています。

フィラリアの血液検査は¥2000です。

 

チュアブルタイプの料金
体重 1ヶ月分の料金(税込)
~ 5.6 kg \700
5.6   ~ 11.3 kg \800
11.3 ~  22.6 kg \900
22.6 ~ 45.3 kg \1,000