ワンちゃんと一緒に、お出かけ、ドライブ、旅行などに行くのは、とても楽しい体験です。

でも、乗り物の乗る度に、ワンちゃんが興奮しすぎてしまったり、乗り物酔いに悩まされるようでは大変ですね。人間のお子さんのように、仔犬ちゃんは乗り物酔いもしやすいようです。

その為にも、幼い時期から慣らしてあげることが大切です。まずは、車や、電車に少しづつ慣れさせる事が必要です。

車での移動の慣らせ方

第一に、車での移動中はクレートで休ませるのが基本です。

飼主が膝の上で抱くなどは、万が一の事故の際、フロントガラスなどに激突して怪我をする事もありますので注意が必要です。

子犬のころから少しづつ慣らし、習慣化することが大切です。

※クレートにはシートベルトをかけるなどして、安全を確保しましょう。

①最初は音に慣らします!

車のエンジンや走行中の音、電車であれば駅、ホームに入ってくる音、踏み切りの音など、実際の音を録音して、まずは常日頃から聞かせて、慣らしておきます。

②次に、エンジンをかけていない車にクレートごと乗せます。

車という空間に慣れさせて、その状態で大人しく待機できるようであれば、エンジンをかけます(まだ車は動かしません)

③次に車をすこしづつ動かしてみます。

乗せている時間、移動距離をすこしずつ延ばすようにして、慣らしていきます。

初めは近くの公園に行ったり、乗せた後は遊んであげて、車に乗ると楽しい事がある、という体験を積極的に作っていくと良いでしょう。

元気なお顔でご来院されるのを、楽しみにお待ちしております!