3ヶ月、4ヶ月齢の仔犬ちゃんはほぼみんな甘噛みをしていると思います。

仔犬にとってはそれは狩猟ごっこであり、仔犬の兄妹がともにじゃれ合っているときを観察していると、じっと相手にねらいを定めて、急にがぶりと襲いかかっていったりひたすら噛んで噛んでの取っ組み合意をしたりします。

これは、人間の子供がおままごとをして将来の社会生活の準備をするように、子犬は狩猟ごっこをして、狩猟のスキルを磨いているのです

この様な仔犬の遊び方は、新しい家庭にやってきたら、兄妹がいないので、かわりにご家族の人間とおなじ遊びをしようとします。

なかにはウーウーと唸ったり、歯をたててひっぱったり、飼主さんが狩猟遊びを理解していないとびっくりしてしまうこともあるかもしれません

このの様な行動の時、子犬は、狩猟あそびをしているのであって、人間に対して攻撃性を見せているわけではありません。

そうすると、子犬は、甘噛みで遊ぼう!という友好的なメッセージを送って来ているのに、それを叱って辞めさせるのよりも、もっと良い接し方があるのかもしれません。

しかし、子犬ちゃんは噛む加減がまだ分かっていないので、痛かった時は痛い!と伝える事は大切なことです。

甘噛み自体は決して、悪いことではありませんが、噛む力の加減を教えないと、飼い主や他人を傷つけてしまうことになります。

我々は、子犬ちゃんに、人間の手はむやみに歯を立てていいものではなく、優しく扱うべきもの、と言うことを教えて上げなければいけません。

教え方は、本当に色々あって、その中から合った方法を選んであげる必要があります(人間の子供と一緒ですね)

対処法1

強く噛まれると、相手の犬は『キャッ』いう高い声をだすものです

自分が強く噛みすぎれば、相手にそのような反応を誘導してしまうので、子犬は急いで歯をゆるめます

それを真似て、私達も、仔犬に噛み付かれたら、『キャッ』『痛い!』と高い声を出してみましょう。

叱るというよりは不快感を伝える様なイメージでしょうか。

それが伝わる子は、大抵かむ力を一瞬緩めます。

歯を緩めて、そのままキョトンとしているようであれば、いい子!とすかさずほめます。

そのときは高い声はなく、静かにして落ち着いたトーンで話しかけて下さい。

子犬の心をまた高揚させて狩猟本能をよびおこしてしまいます。

そして仔犬をあまり撫ですぎるとその手を目掛けて、また噛んでくる事があるので注意して下さい。

キャッと、声をだして、怯んだのも一瞬で、また噛んでくる事もありますが、すぐに噛み付いてきそうだなと思ったら、すぐに何か代わりとなるオモチャを与えて気持ちをそらせます。

対処法2

『キャッ』と声を出しても、怯まず噛んでくる!という様であれば、最度痛い!と叫び、ただちに、犬を(淡々と)ハウスに戻すか、完全に子犬を無視し、どこか別の部屋に行ってしまい、30分は放っておきましょう。

つまり、子犬に強く咬む、と言う行為は、相手がどこかに行ってしまう、一人になってしまうということに結びつくのだとわかってもらうのです。

これらの方法はかわるがわる使ってみて下さい。

かまれた瞬間や、噛んでいる最中に叱ればいいと言う人が居ます。

口に手を突っ込むとか、鼻をギュッと抓るとか。しかし、そのような行動、また、マズルをギュッとつかんだり、指をのどの奥まで突っ込んだり、鼻をピンとしたりする行動によって、人の手に対するイメージが悪くなる事があります。

ひどくなると、なでようとした人の手を噛んだりする子もいます。

どうも、子犬に力を利用して、咬むのを辞めさせる訓練をしない方が良い様です。

仔犬により、反応は様々です

そのようなしつけをした場合に余計に興奮して、咬むのをやめない子。

また、すぐにかむのを辞める子もいますが、いずれにせよ、仔犬ちゃんに恐い体験を作ってしまうようです。

人間の手は、暴力のくるものとして、子犬に思われない様にしないと。

将来的人間の手を怖がり、自分を守ろうとして、手を出してきた人に噛みつくという事故を起こす事もあります。

それになにしろ、飼主と子犬の信頼関係にひとつキズをつけてしまうことになります。

 

参考文献:ドッグトレーナーに必要な『子犬レッスン』テクニック