不妊、去勢手術については、そのメリットと、注意すべき点もあります。

雄の去勢手術

男の子のテストステロンは、行動調節因子として、犬がより激しく反応するように働きます。

『去勢されてない犬は、一旦何かに反応した場合、去勢された犬よりも素早く、激しく、そして長く反応する』

攻撃的に感じられる吠える行為。噛みつきなどの行動。また、一緒に暮らしている飼い主さんにとって不都合な行動がある場合は、去勢手術をした方がお互いに楽に過ごせると思います。

雌の避妊手術

発情が来たときのメスや、その周りのオスをみていると、メスの発情期には、出血が収まる頃にオスを誘う行動が数日続いたりすることもあり、オスもマウンティングをし、腰を動かす行動を見せます。

不妊手術をしない飼い主さんが理由としてあげられるのが、自然なままで過ごさせてあげたいということがありますが、この様な状態が続くことは、本当に自然なのでしょうか?

交尾したいという自然に生まれる欲求を満たしてはあげないで、そのため、交尾できないストレスから出てしまう、吼える、攻撃的、脱走などの問題行動。それをしつけで我慢させていくことは、自然なことなのでしょうか?

雄、犬である事の本能から生まれる、侵入者(来客)に対する吠え、噛みつきなどの行動は去勢で改善する場合が大きく、また縄張りを意識したマーキングも減少するケースが多いと感じます。女の子の避妊手術でも、偽妊娠による占有性攻撃性が抑制できます。

医学的な観点では、雄に多い病気(前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など)を予防、雌では乳腺腫瘍を予防することができます。(手術を実施する時期により、その予防率は変化します)

しかし、手術におけるデメリットとしては、入院、麻酔、傷みなどのストレスがかかることや、手術の後は、体重が増えやすくなる傾向にあります。近年では、手術に使う縫合糸によるアレルギー反応なども気を付けなければいけません。また、手術におけるリスクは低いものの、絶対無事に終わるとは言えません。

しかし、避妊手術をした後は、皆、平和な日々を送れることが多く、その愛らしい性格には変わりはありません。発情期の出血による汚れの被害もありません。

しかし、そう行った手術を安全に、適切な時期に行うには、必要な検査、処置、時期があります。ご興味のある方は、そういったことも当院に御相談頂ければと思います。

参考文献:

去勢手術の当院での流れ、スケジュール